韓国ドラマ・映画で韓国語を学ぶ

MENU

韓国ドラマ・映画で勉強する

 

さらに韓国語の学習として女性に人気なのが、韓流ドラマを観るというのもひとつの方法です。

 

もちろんドラマでも映画でもできます。
現在日本では韓流ドラマを毎日やっていますので、観る機会が多い人もいるのではないでしょうか。
趣味を学習に取り入れるなんて素敵ですね!

 

この方法は学習のスケジュールも立てやすいですし、録画しておけるので経済的でもあります。

 

日本で放送しているドラマを録画すればいいのですから。
また、意外と自然と覚えてしまうなんてこともありそうです。

 

では詳細を見ていきましょう。

 

 

 

概要

韓国ドラマは日本とちがって1クールという概念がなく、3ヶ月の放送であれば20話前後、また放送時間は1時間強あるので日本にくらべると3倍近くの放送料になります。
時間があり、のんびり勉強し、なおかつ楽しみながらできます。

 

 

 

メリット

1.経済的負担がない
2.ホームドラマが中心のため日常会話が習得できる
3.韓国は上下関係がしっかりしているので目上の人に対する言葉遣いや言い回しを学べる

 

 

 

デメリット

1.俳優の発音が正しいとは限らない
2.喧嘩などの場面もあるため、汚い言葉を覚えてしまう
3.勉強という意識よりドラマを楽しんでしまうため、強い意思が必要

 

 

 

学習期間

教室やDVDと違い、ここまで終われば身につくというものではありません。
あくまでも自己管理が大切になりますので、どの程度習得できたら満足するのか、日常会話ができるレベルになるなどの目標を設定しておきましょう。

 

 

 

料金

基本的に無料です。
テレビで放送しているものを録画するとよいでしょう。
放送していない場合は、DVDストアなどでレンタルすることも可能です。この場合は1枚1週間のレンタルで数百円ですし、TUTAYAでしたら5枚で1000円というプランもあります。