ネイティブの先生にマンツーマンで教えてもらうメリットとは

MENU

ネイティブの先生とマンツーマンで勉強する

 

学習方法は様々ですが、母国語以外の言葉を学ぶにはネイティブが一番です。
これが一番しゃべるようになるのだと思います。ですから今まで挙げた学習方法にプラスしてネイティブスピーカーの方と実際に会話するという機会はあった方がよいです。

 

 

概要

日本語も話せるネイティブスピーカーの先生であれば、わからないこともすぐに聞けますし、マンツーマンなので自分の好きな話題、やりたい勉強方法も相談することができます。

 

大概は韓国語教室や家庭教師、友人を作るといったことになりますが日本に住んでいる韓国人は大変多いです。

 

ですから韓国の方と知り合いになった場合には、思い切って先生になってもらうのもありですね。

 

 

メリット

1.基礎から学べる
2.きちんとした発音を覚えることができる
3.言語だけでなく文化についても学べる
4.疑問をすぐに解消できる
5.常に実践なので上達が早い

 

 

デメリット

1.見つけることが容易ではない
2.場合によっては費用がかかる
3.良好な関係を維持する努力も必要

 

 

学習期間

継続して勉強することができるのであれば、1年くらいで日常的な会話は習得できるかと思います。
韓国語は日本語と比較的語順がにているので、日本人にとって学びやすい言語であります。学習期間は人それぞれですが、しっかりとした目標を立てて努力すれば決して難しいものではありません。

 

 

料金

友人や学校の先生にお願いできれば費用はかからないこともありますが、スクールにはいるのであれば入会金や月謝が発生します。
スクールであれば料金もまちまちですので、プログラム内容や金額をよく比較検討しましょう。