韓国語を学ぶ為に留学するメリット・デメリット

MENU

留学して勉強する

 

さて、これまでの学習方法はあくまで自分でスケジュールを決めて学ぶ時間を作るというものが基本的でした。

 

それでは、「勉強する=生活の一部」としたらどうでしょうか。
究極なような気もしますが、そんなことはありません。

 

それは留学という手段があるからです。

 

 

概要

近年韓国語ブームに押され、語学留学を受け入れる体制を整えている学校も増えてきました。

 

昔は韓国への語学留学と言えば「延世大学の語学堂」というのが主だったようですが、現在では様々な大学や民間の語学学校でも韓国語コースがあるようです。

 

また、韓国留学に際し、手続きをサポートしてくれるサービスもあるため、比較的利用しやすくなっています。短期留学や長期留学、その人に合わせた留学のコースが選べます。

 

 

メリット

1.韓国の文化に触れながら実際の韓国語を見聞きできる
2.生活そのものに韓国語が必要なので自然と覚えられる
3.韓国人の友人も作ることができる
4.必要に迫られるため、勉強する意欲が強い

 

 

デメリット

1.生活全般を自分でやらなければならないため忙しい
2.しっかりとした目的が必要
3.遊びに行くわけではないので、学校で学ぶ全てが韓国語である
4.文化や生活習慣の違い
5.費用がかかる

 

 

学習期間

韓国語は漢字も多く、語順も日本語と比較的似ています。
ですから日本人にとって学びやすいといえます。

 

初歩的な読み書きであれば3ヶ月ほどでおおよそマスターできますが、韓国で生活できるくらいのレベルになるには少なくとも半年は必要です。

 

あなたがもし全く初めて勉強するのであれば、1年~1年半の留学が必要でしょう。

 

ただし、人によりますのですべてがこれに当てはまるという訳ではありません。

 

語学留学するのであれば、それなりの覚悟も必要なのです。

 

 

料金

留学先の学校や、仲介会社、渡航の時期等によって変動しますが、相場は大体60万~100万円のようです。掛かる費用としては、渡航費、学費、住居費、生活費、仲介会社への費用等です。その他、交友費などもかかることを考えると準備する段階でしっかりと調べることは必要不可欠です。