韓国旅行で役立つ韓国語の実際に活用する機会が多い定番の言葉を紹介しています。

MENU

旅行で役立つ韓国語 PART1

 

パート1

 

韓国旅行に行くなら、これだけは覚えておきたい基本的な韓国語を紹介します。

 

 

こんにちは → アニョハセヨ(안녕하세요)

基本的な挨拶です。

 

 

ありがとう → カムサハムニダ(감사합니다)

ありがとうという表現はいくつかあり、丁寧語順に並べると
カムサハムニダカムサメヨカマスムニダコマウォヨコマウォ
となっています。
旅行者として使うなら、カムサハムニダだけ利用すれば無難です。

 

 

結構です → テッソヨ(됐어요)

何かを売り込まれた時や、サービスを勧められた時に使います。

 

 

ここへ行ってください → ヨギロ カジュセヨ(여기로 가 주세요)

主にタクシーを利用する時に使います。
地図やガイドブック、スマホなどを利用して、行きたい所を指差して使います。行き先を韓国語で伝えようとすると発音が難しく勘違いされるリスクがあるので、こうした方法を活用しましょう。

 

 

いくらですか? → オルマエヨ(얼마예요)

買い物をする時に必須の言葉。
英語でいう「ハウマッチ」にあたります。

 

 

これください → イゴチュセヨ(이거 주세요)

何かを注文する時や買いたい商品は、それを指差して、「イゴチュセヨ」と言いましょう。
英語の国に旅行に行った時は、「ディスワン」で大体通用するのと同様に非常に役立つ言葉です。

 

 

すいません、あの~ → ヨギョー(여기요~)

謝る言葉ではなくて、店員さんを読んだり、声をかける時に使う言葉。
英語でいう、「エクスキューズミー」にあたります。

 

 

はい → イェ(예)

「YES」に当たる言葉です。
日本語でも、「はい」という言葉でも、「分かりました。」「そうです。」「あってます。」などの表現があるように、韓国語にも様々な表現方法があります。

 

この他、「ネ(네)」という言葉が日常会話では一般的です。
イェの方が丁寧語なので慣れない韓国旅行ではイェだけ使っていれば無難です。

 

 

いいえ → アニョ(아뇨)

「はい。」と同様にいくつかの表現方法があります。
「違います。」など適度な丁寧語にあたり、比較的発音もしやすい、「アニョ」がオススメ

 

韓国ドラマなどではアニという言葉がよく使われますが、それはアニョの発音ではなく、アーニ(아니)という友達同士などで使う「いいえ。」の意味です。